逝ったハズの義父住職に弄ばれる四十九日

亡くなったはずの義父が幽霊となって嫁の亜夢にエッチなイタズラを開始して調教を始めていく!

義父は田舎の寺で就職をしていたが、ある日突然亡くなってしまい、夫婦そろって後を継ぐために引っ越したのだ。

旦那は住職として毎日朝から晩まで外回りをしており、亜夢は一人寺の中を掃除する日々であった。

そんな亜夢が毎日のように視線を感じていたのだが、それこそが無くなった義父だったのである。

息子とのエッチもまともにしていない亜夢の姿を見て、義父は開発してやろうと姿を変えながら調教しいていく事に!

「逝ったハズの義父住職に弄ばれる四十九日」は亡くなった義父の幽霊から若妻が何度も犯されて調教されていく姿を描いている作品です。

夫婦で寺を継いでから全くエッチが出来ていない息子夫婦。そこで亜夢はエッチがしたいと欲求が溜まっていくんですね。

そんな姿を幽霊になって観察していた義父は遂に亜夢の体を狙ってエッチなイタズラを実行して行く事にして、大胆な事をしていきます。

シャワーを浴びている最中に水に乗り移って、そのまま風呂場の中で亜夢とヤリはじめます。こうしてエッチな調教開始です。

さらに天狗のお面の鼻を使って挿入して行ったりと、亜夢の欲求不満を見抜いて行きながら快楽の虜にしていきますよ!
稲沢市車買い取り